スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ぎっくり。
2012-04-13 054

ぎっくり腰って イメージでは 何かをした拍子にグキッ!っといく感じだと
思ってたけど
そうとばかりではないのですね。

痛いな、痛いな、腰が痛いなと思いつつやり過ごしてたら
気が付いた時には すごーく痛くなってて
そしたら寝返りもうてなくなって
起き上がれなくなった。

それでもまだ なんとかなると思って出勤したけど
どうにもこうにも痛くて
朝のハブラシケアとおむつ交換一人終えただけでギブアプ。

そのまま整形外科へ。
で、急性腰痛症、ま。ぎっくり腰ですね、と。

やっともうすぐ2ヶ月ってとこなのに
こんなんでどうすんの。わたし。
やってけるんか?

痛いって不安になるね。
本当に治るんだろか。
またすぐなっちゃうんじゃないか。

なのに まわりの人が本当に温かくて
たった2ヶ月弱しか一緒に働いてないのに
しかも まだまだ満足に動けてなのに
『夕凪ちゃんは がんばり屋さんだから、きっと神様が休みなさいって言ってるんだよ』
とか
『我慢してたんだね。気づいてあげれなくて ごめんね』とか

どうして? どうして?

この人たちは わたしの おだてに乗りやすい性格を知ってるんだろうか。
最初のヘタレなわたしを知ってるから
この子は すぐに辞めるって言い出すから と思って
気を遣ってくれてるんだろうか。

あったかい言葉が胸に染みて染みていたいよー。

おまけに いつも妄想の世界にいて わがままばかり言ってる患者さんまで
『 腰、痛いんでしょ?心配してたの』 なんて言ってくれるから
わたし また泣きそうになった。

 

2012-04-13 031

わたしは恵まれている。
わたしは しあわせ。
はやく治らないと。


スポンサーサイト
06/28 13:52 | K-r | CM:4
template design by takamu
Copyright © 2006 lulls All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。