FC2ブログ
事件勃発。
コヤツ とうとうやらかした。


早々と2つめUP。 

また ここんとこ萎えてました。

とうとうやらかしました。

また長文になりそうです。

ココで嘘について書いたけれど。
とうとう 嘘つきました。しかも 飲み込めない嘘。

また長文になりそうです。
約束の時間になっても 過ぎても どんどん過ぎても帰ってこない。

友達の家に行くといって出かけたのに。
その友達もいない。

待つ時の心配といったら そりゃあもう、この今の世の中ですもん。
どんどん暗くなるし。。


結局、 友達4人で 遠くのジャスコまで行ってた。
ナルは お金も持ってないのに。
完全な計画的犯行で 
・親には 嘘をついていこう
・水筒を持っていこう
・防犯ベルを持っていこう

と学校で決めていたもよう。

車で20分程といえば 子どもの足で どれくらいだろう。

しかも 帰りみち 靴ズレて 歩けなくなった子が
『先に行って』と言ったから といって
2組に 分かれてしまったらしい。

おまえ 男として それはどうなん!? って感じ。

誘われたから、とか 誰が言ったから とか
人の言うことばかり聞いてるんなら
ナルの気持ちは どこにあるの。

出かけるとき、胸は ちゃんと 痛んだか?
他の子が カードゲームしてるのを見ているだけで
本当に楽しかったんか?

心配したこと、嘘言われて悲しかったこと、危ないこと
コンコンと切々と話しましたが、 
ちゃんと心に響いたやろうか・・・。

本当に強くて 本当に優しい子に なって欲しいなぁ。

夕凪さん、眠れない夜を過ごしましたとさ。

これから こんなこと いっぱいあるんやろなぁ。
でも 嘘はいやだなぁ。。


スレッドテーマ [ 写真 … 写真日記 ]
06/18 11:08 | LOMOっち♪ LC-A | CM:25 | TB:0
そっか。ナルくん、冒険したかったんだね。
その気持ちはわからなくもないけど、時代が時代だけによけい心配だよね…。
ほんとに全く同じような事がウチにもあったよ。
ついこないだ。
学校で遊ぶと約束して学校へ行って、帰りに迎えに行くから、絶対学校で遊んでいなさいと約束したの。
でも、なんとなーく嫌な予感がして学校へチラリと行ったらまさにみんなで学校からどこかへ行こうとしてるとこで。
なんだかみんなのお宅訪問ツアーになったらしい。学校に戻りなさいと言っても「ひーちゃんち見に行くだけだから~!」って、走って行っちゃうもんだから、慌ててマンションに戻ったの。(車だったからね)
でも、待てど暮らせど来ない。
心配になって学校に戻ってもやっぱりいない。
もーーーーー、どれほど心配したか。
結局、ウチに来る事はなく、私が居ない事を知ってる娘は近くの私の実家に何とか歩いて行って、母からの電話で私も実家へ戻ったのね。
ひより、やっぱり帰り道がわからなくなって(お友達はさっさと帰ったらしい;)心細くて泣きながら実家へ行ったんだって。
なんて無謀な…。
こんこんと言って(叱りまくった)きかせたよ。
幼稚園くらいの小さい頃ね、私も同じ年くらいのお友達とで遠くのユニーへ三輪車で行っちゃった事があるんだって。バスでざっと4区間くらい。
その時はほんとに行ってみよう~って思ったくらいだったんだと思うけれど、今思えば、ほんとに危なっかしくて無謀な冒険だったと自分で鳥肌がたっちゃう。
親の心子知らずだよね;
でも、絶対ナルくんに響いてるはずだよ。大丈夫!
ほんと、無事に帰宅できてよかった。
こうやって1つ1つ大きくなってくんだね~。
こんちわ
やっちゃたねぇ・・・ナル君(笑
まぁ、当の親にしてみれば笑い事では済まされないんだけど
そうやって、少しずつ少年になっていくんだろうねぇ

この間、うちの息子もビックリするくらい遠くまで「チャリンコで遊びに来たことあるよ」って・・・カミングアウトしてましたよ
自慢したかったんでしょうかねぇ
まぁ、うちのは高学年なんで「交通事故に気を付けろよ」ぐらいで済ませましたが・・
祐左も小3くらいの頃、チャリンコでアチラコチラ徘徊してましたからねぇ、あんまり怒れる立場には無いと思いましたよ
最後に「かぁちゃんに心配掛けたり、困らせたりすんなよ」とは言っておきましたがね

ナル君にも↑コレ、伝言しておいてください
もう、判ってると思いますけど

夕凪かぁちゃん ガンガレ!



あぅ…懐かしいほどあり過ぎます、そういうの。
しかしアレだね、遠出三原則?みたいなの。
友達と考えただけに「親には嘘を」というのが
たぶん冒険心をアオルんでしょうね。
水筒と防犯ベルは正解ッ
電話をかけるために小銭もね(笑)

家の近所を探して、電話がかかってこないかと飛んで帰り
また外へ姿を探しに行く夕凪かあさんの心配してる姿が目に浮かぶよ。
ナル君、あまり無茶をしないように頼むよ(*・・)σ
かわいい子には旅させろ・・
しかしどんなタイミングでいつさせればいいんだ!しかも今の世の中危ないことだらけ。でもママがいなけりゃ何にもできない・・それもこまる。

高校生の頃友達の家にお泊り行ったり、夜中ぬけだしてコンビニ行ったり、分けもなくすごーく楽しかったな。母さんにバレテお泊り禁止になつて
そのうちに友達が私だけ誘ってくれなくなった時は超悲しかった。
夕凪ティーの気持ちもナル君の気持ちも分かる気がします。
いけない事と分かっていたから嘘ついた・・  
  私ってばどっちの見方なのよ!
こんにちは^^
おいらの妹(高校二年)が、よくこういうことします(^^;
うそついて、どっかにいたり、、、、
でも、吹奏楽を中学からやってるようなまじめちゃんなんですけど。。。
部活とかがきついぶんその反動なんですかね?
ナルくんのとはちょっと違うけど。。。

ナルくんたち、心配されるってのをわかったうえで、だからこそ、そんな嘘をついて冒険にでかけたんじゃないですかね・・・?
でも、それが嘘だってバレて、夕凪さんを傷つけてしまって・・・。
でもなんかそういうのの繰り返しで色々話ができて、お互い理解していけたりするんじゃないですかねー?
何かしちゃったあとに、ちゃんと話をしてお互いの考えとか気持ちを伝えるのが大事だと思うんです。

って、あたしなんか偉そうにすみません(^^;
うちの母と妹を見てるとそうなんです。

どうして親が心配するのか、妹はなんで夜遅くまであそんでたいのか、
ちゃんと話をしてないなーって。

ってなんか長々とごめんなさい!
そして趣旨からちょっと離れてたらごめんなさい(^^;
ハニー。
写真にカーソルをのせると、
「コヤツ、とうとうやらかした」とか
おまえ 男として それはどうなん!? って感じ。とか
つい、ふきだしてしまった私、人として これどうなん?

ナルくん、無事でよかったねー!!
親としては とっても 心配だけど、
時には こんな冒険も 必要なのかもね。
うちのお父さんなんかね、
「子供は 親に心配かけるのが仕事。」とか言うのよー。
でもね、そのくせ 心配かけたらメッチャ 怒るの!
おまえ、それ 人としてどうなん?って感じ。
そんな剣幕で怒るんやったら、
「子は親に心配かけるのが仕事。
その仕事の給料は 半殺し。」って
はじめから そのように言うといてくれ!

嘘、そんなもの ないほうがいいに決まってるけど、
私の人生、嘘だらけだよー。
ま、私が存在してること自体が 嘘みたいなもんだけどさ・・・。

確かに これからも 何度も こんなことはあるかもしれないね。
でも、こんなことを経験しながら
心は 育っていくんだろうね。

子育ては気力・体力!って よく言うけど
ホント、そのとおりだね。
夕凪母さん、がんばって!!
親の心子知らずとはまさにこのことだね。

でもナル君にはきっと届いてるよ。
子供って、何食わぬ顔してても
親のの言ってることって
ちゃあんと聞いてるから。

夕凪ちんみたいな
すてきなママだから、
きっとなるくんもいい男になる!

わたしはそう信じてるよ。
お金持ち出さなかっただけマシだよ~!
私もいつもこれやってた!
しかも、親の財布から金を・・・^^;
当時は「金を持っていったのは悪かったけどさ~
そんな心配しなくても大丈夫だよ!
うるさいな!」って思ってたけど
大人になってみると、親の心配も
多少はわかるようになってきたよ。
まだ私自身が親にはなってないけどね^^;
ナルくんもウソを覚えたりして
それだけ成長したってことなんだね~
なんかしみじみ・・・( ;∀;) カンドーシタ
ナルくんのちょっとした冒険は彼に何を教えてくれたのかな~

親に嘘つく・・・
子供の頃、山学校(古言葉だ)、秘密基地、暗くなるまで遊んだこと、怒られるだろうなって思いながら、泥だらけで傷だらけで帰った頃を思い出した。

時代が時代、心配する親心。
わかります。

でも、親の都合を理由に怒らないで下さい。

心配しかたらって理由で怒って欲しくないな~親が子供を心配するのは親の
本能。

夕凪さんは何を理由に叱ったのかな・・

ちょっと気になったので・・・

たくさんの暖かいコメント、素敵なブログですね。

夕凪さんこんにちは! うーん俺も子供のころ似たような事したかも? でも親の言ってることちゃんと理解して反省してるから大丈夫だよ! 多分これで一個成長したはずだよ!なる君も夕凪さんの気持ち絶対伝わってるはずたよ!
あーちゃん こんばんわ♪
あーちゃんちでも やっぱり同じような事件があったのね☆
泣いて帰ってきた ひよりちゃん
心細かったろうね・・・。

でも 泣いて帰ってきたら かわいいなぁ。。

このとき、ナルは 普通に帰ってきたよ(* ̄▽ ̄)

確かにね、 どこで遊んでるって言ってても すぐに移動してしまったり

その都度、言いに家に帰るのは 大変だろうけれど
そりゃあ 心配するよねぇ。 (>_<)

ほんと あーちゃんの気持ち、よく
分かるよぅ。。

でも それよりも あーちゃんの
武勇伝!!
三輪車でバス4区間っ!?
そりゃ ホントにすごいわーー!
語り継がれる伝説になること間違いなしだよっっ

今までも 約束の時間に帰ってこなかったり、どこに行ったのか分からなくなったりは ちょこちょこあったんだけど、
今回のことは かなりびっくりしました。

何事もなく 帰ってきてくれてよかったよーー(*^▽^*)

ありがとうね。
あーちゃんちの話も聞けて なんだか
ほっとしたよぉ ホントありがとう!
こうやって ひとつひとつ大きくなっていく子どもと、
ひとつひとつ鍛えられていく親なんだろうねぇ┐(´ー`)┌

祐左さんも体験話、ありがとう~!

いつかはね、特に男の子だし やんちゃになって
遠くに行っちゃったり 冒険したりも
するんだろうなぁって 
思ってたんだよ?

だけどさ、
まだ1年生になって2ヶ月。

そして 今回 行ったジャスコってのが
あまりに遠く、車がいっぱい通る大きな道路の隅っこを チビたち4人が
てくてく歩いたのかと思うと
もう びっくらこきました☆

ナルにとっても 後々大きな思い出になるんでしょうね♪
ありがとねっ(*^▽^*)
choco-pa ちんは もう これくらいのことじゃ動じないよね。*^-^*

うんうん、先輩かーさんの話は 説得力あるっ♪

これを手始めに 私も強くならなくちゃねっ!p(*^0^*)q

しっかし 防犯ブザーまで持っていくとはねぇ。。
どうやら言いだしっぺは 女の子だったようで・・・。

なんたらっていうカードゲームがしたかったんですって。

きっと帰ってくるまで心配なのは
中学になっても高校になっても 大人になっても 変わらないんだろうなぁと思います。
そうでしょう? choco-pa しゃ~ん♪
あはは。 hanaさんの
『両方の気持ち、分かる』に 
そりゃそうだよねぇって笑っちゃったよー。

わたしだって 超優等生だったわけじゃないし 嘘ついて 夜、抜け出したり
友達と行くなんて言って 彼氏と旅行言ったりね。してたもんなぁ~。

嘘は ある意味 思いやりだったりもして。

あの頃の親は 知ってたんだろうか
それとも 本当に信じてたんだろうか

いつか 私も 知らんぷりしとかなきゃいけなくなるね。
それまでは できれば嘘はついて欲しくないなぁ。。と 
そして 嘘をつくとき、胸がしくしく痛んで欲しいなと・・
やっぱり思いますね。
kyonさん♪ 妹さんの話、聞かせてくれてありがとうね。
とても 嬉しかったよ。

そうだよね、。
きっと 
『いろんなことを話せる関係』
を作れることが 一番大切な気がします。

ナルも なんで嘘をついたのか?って
考えると、
『言っても 反対されるから』
なんだろうし
実際、わたしもそうだったよ。

kyonちゃんの妹ちんが 楽しい青春時代を過ごすとともに
お母さんとも 解り合えて いっぱい話せるときが 早くきますように♪
ありがとうね*^-^*
そうだな・・私も子供の頃、
一人で歩き回ってましたね。。
今より大らかな時代でしたから・・
朝早くから、夕方まで。
でも、やっぱり親には色々と心配は掛けましたね。
そして、その時の母親の顔・・・
しっかりと覚えていますね。
(でも、度々やらかしちゃいましたけどね・・・(^-^;)
そうして、大きくなるのだと思います。
怒る時は、怒る!
誉める時は、誉める!
泣く時は、一緒に泣いて。

夕凪かあちゃん頑張れ!!
 (*^-^*)
ハニー! MYマップー♪

実は心配してました。
あの次の日、新聞の一面記事に マップーが載っていなくて安心したよ。
マジで。(笑)
ホントニヤリカネナイ アンタナラ(*'∀'*)b

あは。 思わず笑ってくれてありがとう!
あらいやだわ。わたしったら。
自分の出来損ないを棚の上の奥にしまってね。

わたしも嘘の塊みたいなもんで
もしも マップーの存在自体がウソならば
わたしなんて クソですわ。。

あー。すべった。 おもろくないな。

しかし マップーのおーとちゃんも
ハードやなぁ。。
うちも 凄かったけど。

夜中、帰ったら、
『帰ってくるなーーー!!』って
言ったかと思ったら 後ろから
植木鉢が飛んできたよ。

・・・で 土管さ~。

ま、とにかく 少しずつ わんぱく坊主に成長しております。

あ、マップーとのサイクリング、楽しみにしているみたいだよ*^-^*
だいぶ上手になったから♪
そうか~♪ きっと ちゃんと
響いてるよね?
うん、そう信じてるよ。*^-^*

この時ね、 わたし、すんごい真剣に話したのね。
そしたら泣けてきて、
そしたらナルも泣いてたのね。

なのに、一通り話し終わったら
もうケロっとしちゃってさー、

『お、おいっ、早いやろー! 
もうちょっと シュンとしてろよー』

と 頭、ペチンっ となりました
(笑)
ぎゃはは。 お金ね~。
それは わたしもあるよ。
あと 
『歯医者いくから お金ちょうだい』
とかさ。
そんな話、まだまだいっぱい出てきそうだねぇ姫。

けどさー。自分もやってたから
子どもに言えない って言うわけにもいかず・・・。 (>_<)
自分もやってたけど 子どもには言う
みたいな 勝手な矛盾なんだけどさ。

盗っていいよ とは やぱ言えないよねぇ。

でも 姫の言うとおり、ウソをつくほど 成長したんだなってことで
うんうん、今となっては
よく歩いていったなー って思うよ。

次の日、足が痛いって言ってたからね。(*≧m≦*)ププッ

姫ち。こんな話にしみじみしてくれて
ありがとう~!!





まず、ご忠告、ありがとうございます
o(_ _*)o

ただ、わたし
『コンコンと切々と話しましたが』
とは書きましたが 
頭ごなしに怒った とは 書いてませんよー。

もしかして
『ウソついて どこ行っとったんじゃ~!! おんどりゃぁぁああ!』
とでも 怒ったとお思いでしょうか?
(苦笑)

怒る と 叱る は 違うってことを前提に

『心配したことを理由に』なぜ 叱ってはいけないんでしょうか?

それは 親の都合でしょうか?

『こんなことをしたら親は心配する』
『こんなことをしたら 親は悲しむ』

ということを 伝えることは
親のエゴでしょうか??

わたしは それを伝えることで 自分の命や 存在の大切さを知るこのにもなると思うのです。

心配することは 確かに本能ですが
それを伝えないことは
ただの放任か または無関心だと思うのですが。
あ、 わたしは、ですが。

何について叱ったか?

ウソをついたこと。
どこへ行くかを ちゃんと言っていくのは うちで決めたルールですからね

すこし 縁の下さんの おっしゃる意味が理解できませんでした。
ごめんなさいo(_ _*)o

えへ 名前書いてないよー。キタっち。(*≧m≦*)ププッ

ぎゃはは 
すぐ分かるからいいけどーー♪

こうやって だんだん男の子になっていくんだねぇ。
すごい冒険だったと思うんだ~☆

夏休みには 一人で飛行機に乗って
沖縄に行くらしいし。

と言っても ナルの父方のばーちゃん
がいるのね。
飛行機も 乗ってからは ちゃんと乗務員のオネィチャンが 案内してくれるんだけど。

それも また いい経験かなって。

この夏で きっとまた大きくなるんだろうな♪ 
ありがとうね!
しん。さん。も そりゃあ
いろいろ心配もかけたんでしょうね☆
*^-^*

でも こうやってね。
わたしの 心配事やら 愚痴やらに
いつも付き合ってくれてね、
ホント 嬉しいよ。
ありがとうね。

かーちゃん、がんばるよおーー!!
ヾヾ(*^▽^*)〃〃

あ、名無しは俺でした・・・!
で沖縄ですか!!ホントどきどきなんだろうなぁ!!俺まだ沖縄行ったことないや・・・・!
あ、ちゃんと当たってたでしょ?
分かるから~♪*^-^*

マップーも分かったてよー!
ってか きっとみんな分かると思うよ

沖縄、わたしも行きたいんだけどね。
ナルが一人で来る分は 出してくれるんだってさ。飛行機代(o ̄∀ ̄)ノ

どうせ私は いらん子やぁ~。。

お金ためて ぱぁ~っとみんなで旅行に行きたいねーー(*^▽^*)
縁の下さん。こんばんは。
昨日 あれからいろんな事 考えて
縁の下さんが 私に伝えたかったこと、
少し分かったような気がします。

ありがとう。
そして ごめんなさいo(_ _*)o 

それから 言い忘れていたけれど
たくさんの 暖かい人たちに そばにいてもらえて
ココ、最高でしょ?(*≧▽≦*) 
誇りです。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://lulls.blog34.fc2.com/tb.php/165-3ed74a8f
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 lulls All Rights Reserved