FC2ブログ
せめて 痛くないように。
人が どんな死に方をするのか、

死ぬ間際の時間を どんな風に過ごせるのかは、 どうやって決まるのだろう。

わかっているのは
どれだけ 善良に生きてきたか というのは 少しも関係ないってこと。


幼稚園のころ、小さなわたしを膝にのせ、やさしく暖かい手を重ね
モチーフ編みを 教えてくれた人。

わたしの祖父の妹にあたる人で
孫がいなかったのもあり、わたしたち姉妹を
それはそれは かわいがってくれた。

棒編みも、 未だに いちいち右手で毛糸を引っかけるやり方は
このおばあちゃんに教えてもらった編み方。

こちょこちょと 物を作るのが好きなのは
この人を見ていたからだと思う。






この、優しい、優しい、愛に溢れた人が、 

なんで こんなに苦しまなくちゃいけないの。

痛い、痛い、痛い。 もう殺して。痛い。痛い。 と ずっと唸っている。

曲がってしまった足や手を さすることすら痛くてできない。

b240.jpg

どうか どうか この痛みを取り除いて。
たとえ それが 生きる時間を短くすることになったとしても。
脳を破壊することになったとしても。

そう願う家族を 誰が責めれよう。

神さま。 お願いですから 安らかにいさせてください。
痛みを、無くしてください。


スレッドテーマ [ 写真 … 写真日記 ]
06/05 15:47 | PEN-FT
template design by takamu
Copyright © 2006 lulls All Rights Reserved